2022/09/06 13:45 - 2022/11/06 23:55

クラウドネイティブ技術をビジネスクリティカル領域へ ~コンテナ基盤OpenShiftを基幹システムに適用~

概要

本セミナーは2022年9月6日に配信した内容のオンデマンド版です。

「ビジネスクリティカル領域のレガシーな基幹システムも、先進の技術を使ってリリースサイクルを短縮し、新しいビジネスが迅速に立ち上がるようにしたいが、具体的な実現方法がわからない」
「『コンテナ』や『マイクロサービス』といったクラウドネイティブな先進技術を導入したいが、知見も工数も不足している」

可用性・耐障害性を備えた基幹システム向けの構築・運用に必要な要素は理解しているが、先進技術であるコンテナ基盤としてどのように導入すればよいのか、といったお悩みや、従来からの利用方法・運用方法を変えるのが大変で人手も不足している、といったお悩みを多く聞きます。

そこで本セミナーでは、エンタープライズ向けコンテナ基盤の「Red Hat OpenShift Container Platform」と、日立のマネージドサービスを組み合わせ、ビジネスクリティカル領域の基幹システム向けの、高い可用性や耐障害性を備えたコンテナ基盤をどのように実現できるかを、具体的なイメージも交えご紹介します。

基幹システムのコンテナ基盤としての、OpenShiftの導入、設計・構築から運用保守を、迅速&容易に実現できます。

開催概要

会期
2022年11月6日(日)まで
形式
オンデマンド配信セミナー
参加費
無料
主催
株式会社 日立製作所
協賛
レッドハット株式会社

※競合企業および個人事業主の方、もしくは対象外と判断させていただいた方は、ご遠慮いただく場合がございます。

参加申込する既に登録済の方はこちら

こんな課題を抱える方におすすめ

  • コンテナ基盤の有用性と、エンタープライズ向けコンテナ基盤として著名なOpenShiftの活用メリットを理解したい方
  • 日立のOpenShiftのマネージドサービスの具体的な活用イメージを知りたい方
  • 可搬性に優れて柔軟なコンテナ利用のメリットを活かしつつ、可用性と耐障害性に優れた環境を実現したい方
  • OpenShiftを導入・検討されたときに、工数が確保できない、エンジニアの知識・技術習得が大変、そもそも人手が足りない、といった課題を抱える方
参加申込する既に登録済の方はこちら

プログラム

ご挨拶

Red Hat OpenShift で実現するハイブリッドクラウドデータプラットフォーム

企業様のシステムのクラウド活用戦略実行のご支援をしていく中で、コンテナ技術は今や当然となり、Red Hat のご提供する、コンテナ技術を活用したクラウドネイティブ開発のためのソリューションであるOpenShiftのご利用社数も3800社を超えました。当セッションでは、コンテナ利用の価値を振り返りながら、なぜOpenShiftを利用するのかのポイントについてお伝えいたします。

レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト
鈴木 亮外資系ベンダーにて金融、ユーティリティ業界のお客様に向けて、IT基盤のデリバリーに従事し、クラウドでのデータ基盤構築の提案・導入を経験。2020年よりレッドハットに入社、現在パートナー様向けプリセールスを担当。

OpenShiftの迅速な導入を支援! ~ 設計構築から運用まで、そのお悩みを解決 ~

可搬性に優れて柔軟なコンテナ利用のメリットを活かしつつ、可用性と耐障害性に優れた環境を実現したいお客さまに。本セッションでは、OpenShiftをよく知る日立が提供するマネージドサービスが、導入、設計・構築から運用保守をいかに迅速&容易にできるかを、具体的な活用イメージとともにご紹介します。OpenShiftの導入をご検討中の方はもちろん、既に利用中だが運用を改善したい方にも役立つサービスです。

株式会社 日立製作所
デジタルエンジニアリング事業部 プラットフォームサービス部 技師
広瀬 希OSや仮想化層といったプラットフォームソフトウェアの商品開発とアライアンスに長年従事。最近ではソリューション拡販にも注力し、ハイブリッドクラウド観点での日立の強みを市場にPRしている。

Q&A

参加申込する既に登録済の方はこちら

※プログラムは都合により変更になる場合がありますので予めご了承ください。
※一度の登録で、会期中はどのセッションでもご視聴いただけます。

お問い合わせ

株式会社 日立製作所 : kakuhan@ml.itg.hitachi.co.jp

開催日程

クラウドネイティブ技術をビジネスクリティカル領域へ ~コンテナ基盤OpenShiftを基幹システムに適用~

「ビジネスクリティカル領域のレガシーな基幹システムも、先進の技術を使ってリリースサイクルを短縮し、新しいビジネスが迅速に立ち上がるようにしたいが、具体的な実現方法がわからない」
「『コンテナ』や『マイクロサービス』といったクラウドネイティブな先進技術を導入したいが、知見も工数も不足している」

可用性・耐障害性を備えた基幹システム向けの構築・運用に必要な要素は理解しているが、先進技術であるコンテナ基盤としてどのように導入すればよいのか、といったお悩みや、従来からの利用方法・運用方法を変えるのが大変で人手も不足している、といったお悩みを多く聞きます。

そこで本セミナーでは、エンタープライズ向けコンテナ基盤の「Red Hat OpenShift Container Platform」と、日立のマネージドサービスを組み合わせ、ビジネスクリティカル領域の基幹システム向けの、高い可用性や耐障害性を備えたコンテナ基盤をどのように実現できるかを、具体的なイメージも交えご紹介します。

基幹システムのコンテナ基盤としての、OpenShiftの導入、設計・構築から運用保守を、迅速&容易に実現できます。

開催概要

会期
2022年9月6日(火)14:00~15:00
形式
ライブ配信セミナー
参加費
無料
主催
株式会社 日立製作所
協賛
レッドハット株式会社

※競合企業および個人事業主の方、もしくは対象外と判断させていただいた方は、ご遠慮いただく場合がございます。

参加申込する既に登録済の方はこちら

こんな課題を抱える方におすすめ

  • コンテナ基盤の有用性と、エンタープライズ向けコンテナ基盤として著名なOpenShiftの活用メリットを理解したい方
  • 日立のOpenShiftのマネージドサービスの具体的な活用イメージを知りたい方
  • 可搬性に優れて柔軟なコンテナ利用のメリットを活かしつつ、可用性と耐障害性に優れた環境を実現したい方
  • OpenShiftを導入・検討されたときに、工数が確保できない、エンジニアの知識・技術習得が大変、そもそも人手が足りない、といった課題を抱える方
参加申込する既に登録済の方はこちら

プログラム

14:00~14:05
ご挨拶

14:05~14:25
Red Hat OpenShift で実現するハイブリッドクラウドデータプラットフォーム

企業様のシステムのクラウド活用戦略実行のご支援をしていく中で、コンテナ技術は今や当然となり、Red Hat のご提供する、コンテナ技術を活用したクラウドネイティブ開発のためのソリューションであるOpenShiftのご利用社数も3800社を超えました。当セッションでは、コンテナ利用の価値を振り返りながら、なぜOpenShiftを利用するのかのポイントについてお伝えいたします。

レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト
鈴木 亮外資系ベンダーにて金融、ユーティリティ業界のお客様に向けて、IT基盤のデリバリーに従事し、クラウドでのデータ基盤構築の提案・導入を経験。2020年よりレッドハットに入社、現在パートナー様向けプリセールスを担当。

14:25~14:45
OpenShiftの迅速な導入を支援! ~ 設計構築から運用まで、そのお悩みを解決 ~

可搬性に優れて柔軟なコンテナ利用のメリットを活かしつつ、可用性と耐障害性に優れた環境を実現したいお客さまに。本セッションでは、OpenShiftをよく知る日立が提供するマネージドサービスが、導入、設計・構築から運用保守をいかに迅速&容易にできるかを、具体的な活用イメージとともにご紹介します。OpenShiftの導入をご検討中の方はもちろん、既に利用中だが運用を改善したい方にも役立つサービスです。

株式会社 日立製作所
デジタルエンジニアリング事業部 プラットフォームサービス部 技師
広瀬 希OSや仮想化層といったプラットフォームソフトウェアの商品開発とアライアンスに長年従事。最近ではソリューション拡販にも注力し、ハイブリッドクラウド観点での日立の強みを市場にPRしている。

14:45~15:00
Q&A

参加申込する既に登録済の方はこちら

※プログラムは都合により変更になる場合がありますので予めご了承ください。
※一度の登録で、会期中はどのセッションでもご視聴いただけます。

お問い合わせ

株式会社 日立製作所 : kakuhan@ml.itg.hitachi.co.jp

  • 2022/09/06 14:00 - 09/06 15:00 (60分)

申し込み期間

  • 2022/07/13 16:54 - 2022/11/06 23:55

下記フォームに入力して、予約を行ってください。

既に登録済みの方はこちら
個人情報
確認