2022/09/16 12:45 - 2022/09/16 17:00

MBSE推進の仕組みセミナー

概要

現在MBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)は、製造業を筆頭にさまざまな業種のシステム・製品開発に導入されています。この動きはグローバルなMBSE普及状況やIoT/DX等の大きく早い市場変化を背景として加速していることを、当社にお声かけいただくお客様方からも実感しています。

一方でMBSEのテクニカルプロセス構築もさることながら、MBSEを組織内に推進・浸透させることに苦労されているお客様が多くいらっしゃることも見えています。

本セミナーでは、MBSE推進に有効な仕組み――組織、周辺プロセス、ツールなどの観点――について、当社お客様の事例やツール活用法をご紹介いたします。

当セミナーを通じまして、MBSEをお客様社内でスムースに推進・導入する方法や、様々なツールを用いたモデル活用に関するご理解を深めていただけるかと思います。ぜひ、ご参加のほど、よろしくお願いいたします。

開催概要

会期
2022年9月16日(金)13:00~17:00
形式
ライブ配信セミナー
参加費
無料
主催
株式会社オージス総研
協賛
株式会社構造計画研究所
スパークスシステムズ ジャパン株式会社
参加申込する既に登録済の方はこちら

プログラム

13:00~13:05
開催のご挨拶

株式会社オージス総研

13:05~13:40
MBSEを推進するための仕組みづくり

MBSEという未知のモノに最初に手を付けるとき、あるいはMBSEの有用性がわかってきて組織に展開したいとき、必ずといっていいほど直面するのが「必要性をわかってもらえない」「現場を変えることをいやがられる」といった壁です。この壁を、組織・ツール・プロセス等の仕組みづくりで乗り越える方法を提案し、また事例をご紹介します。

株会社オージス総研
片山 敬介

13:40~14:10
開発担当者におけるシステムエンジニアリングの活用と課題

「開発現場が実開発作業を行いながら実施する手の届く範囲の改善活動」として、MBSEのアプローチによる取り組みを進めてきました。その中で実際に生じた課題やその解決手段、活動を通じて得られた効果や今後の展望等について紹介いたします。

サンデン株式会社
岡本 佳之様

14:15~14:45
並行開発・分散開発の効率化 ~海外での実践ポイント~

並行開発・分散開発におけるモデルの差分レビューやバージョン管理においては視覚的な確認が容易ではなく、時間を要すことが多くあります。このような状況に対して海外ではツールを利用して効率化を図っています。そのエッセンスやGitとの連携についてデモも交えてご紹介します。
LemonTree概要はこちら
Enterprise Architect概要はこちら

スパークスシステムズ ジャパン株式会社
中本 貴志様

14:45~15:25
「ゼロから始めるシステムズエンジニアリングの推進活動」

2019年から、自社事業に中長期視点で有用な技術開発を行う機能部門の中でMBSEを使い始め、現在、これを有効なアプローチとして部内で広く活用できるように、システムズエンジニアリングの習得を部門全体で行っています。ゼロからスタートしMBSEの有効性が認知されるまでの、推進における課題と施策について紹介します。

ブラザー工業株式会社
野上 英和様

15:30~16:10
モデルベース形式検証ツールDynaSpecによる発見困難な不具合の自動検出

組み込みシステムの大規模・複雑化により、フロントローディングで設計品質を向上させることが求められています。UML/SysMLモデリング過程に形式検証(モデル検査)を導入することで、システム設計者がモデリングと検証を同時並行的に行うことにより設計品質、開発効率を向上させることができます。 本セッションでは専門知識がなくとも形式検証を実現できるツールDynaSpec(Enterprise Architectアドイン)を利用し、モデル検査による振る舞いの網羅検査により、いかにして発見困難な不具合の自動検出を実現できるのかを事例を交えながらご説明します。
製品詳細はこちら

株式会社構造計画研究所
太田 洋二郎様

16:10~16:55
「システムズエンジニアリングを推進する」オリンパス医療事業におけるシステムズエンジニアリングの取り組み

2008年から開始されたオリンパスのシステムズエンジニアリングの取り組みにおいて2021年より医療事業部門に、システムズエンジニアリング本部が設立された。現在主力製品に適用を開始しているが、新規プロジェクト適用・推進における課題、施策について紹介する。

オリンパスメディカルシステムズ株式会社
後町 智子様
鈴木 研様

参加申込する既に登録済の方はこちら

※プログラムは都合により変更になる場合がありますので予めご了承ください。
※一度の登録で、会期中はどのセッションでもご視聴いただけます。

お問い合わせ

株式会社オージス総研 : info@ogis-ri.co.jp

開催日程

MBSE推進の仕組みセミナー

現在MBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)は、製造業を筆頭にさまざまな業種のシステム・製品開発に導入されています。この動きはグローバルなMBSE普及状況やIoT/DX等の大きく早い市場変化を背景として加速していることを、当社にお声かけいただくお客様方からも実感しています。

一方でMBSEのテクニカルプロセス構築もさることながら、MBSEを組織内に推進・浸透させることに苦労されているお客様が多くいらっしゃることも見えています。

本セミナーでは、MBSE推進に有効な仕組み――組織、周辺プロセス、ツールなどの観点――について、当社お客様の事例やツール活用法をご紹介いたします。

当セミナーを通じまして、MBSEをお客様社内でスムースに推進・導入する方法や、様々なツールを用いたモデル活用に関するご理解を深めていただけるかと思います。ぜひ、ご参加のほど、よろしくお願いいたします。

開催概要

会期
2022年9月16日(金)13:00~17:00
形式
ライブ配信セミナー
参加費
無料
主催
株式会社オージス総研
協賛
株式会社構造計画研究所
スパークスシステムズ ジャパン株式会社
参加申込する既に登録済の方はこちら

プログラム

13:00~13:05
開催のご挨拶

株式会社オージス総研

13:05~13:40
MBSEを推進するための仕組みづくり

MBSEという未知のモノに最初に手を付けるとき、あるいはMBSEの有用性がわかってきて組織に展開したいとき、必ずといっていいほど直面するのが「必要性をわかってもらえない」「現場を変えることをいやがられる」といった壁です。この壁を、組織・ツール・プロセス等の仕組みづくりで乗り越える方法を提案し、また事例をご紹介します。

株会社オージス総研
片山 敬介

13:40~14:10
開発担当者におけるシステムエンジニアリングの活用と課題

「開発現場が実開発作業を行いながら実施する手の届く範囲の改善活動」として、MBSEのアプローチによる取り組みを進めてきました。その中で実際に生じた課題やその解決手段、活動を通じて得られた効果や今後の展望等について紹介いたします。

サンデン株式会社
岡本 佳之様

14:15~14:45
並行開発・分散開発の効率化 ~海外での実践ポイント~

並行開発・分散開発におけるモデルの差分レビューやバージョン管理においては視覚的な確認が容易ではなく、時間を要すことが多くあります。このような状況に対して海外ではツールを利用して効率化を図っています。そのエッセンスやGitとの連携についてデモも交えてご紹介します。
LemonTree概要はこちら
Enterprise Architect概要はこちら

スパークスシステムズ ジャパン株式会社
中本 貴志様

14:45~15:25
「ゼロから始めるシステムズエンジニアリングの推進活動」

2019年から、自社事業に中長期視点で有用な技術開発を行う機能部門の中でMBSEを使い始め、現在、これを有効なアプローチとして部内で広く活用できるように、システムズエンジニアリングの習得を部門全体で行っています。ゼロからスタートしMBSEの有効性が認知されるまでの、推進における課題と施策について紹介します。

ブラザー工業株式会社
野上 英和様

15:30~16:10
モデルベース形式検証ツールDynaSpecによる発見困難な不具合の自動検出

組み込みシステムの大規模・複雑化により、フロントローディングで設計品質を向上させることが求められています。UML/SysMLモデリング過程に形式検証(モデル検査)を導入することで、システム設計者がモデリングと検証を同時並行的に行うことにより設計品質、開発効率を向上させることができます。 本セッションでは専門知識がなくとも形式検証を実現できるツールDynaSpec(Enterprise Architectアドイン)を利用し、モデル検査による振る舞いの網羅検査により、いかにして発見困難な不具合の自動検出を実現できるのかを事例を交えながらご説明します。
製品詳細はこちら

株式会社構造計画研究所
太田 洋二郎様

16:10~16:55
「システムズエンジニアリングを推進する」オリンパス医療事業におけるシステムズエンジニアリングの取り組み

2008年から開始されたオリンパスのシステムズエンジニアリングの取り組みにおいて2021年より医療事業部門に、システムズエンジニアリング本部が設立された。現在主力製品に適用を開始しているが、新規プロジェクト適用・推進における課題、施策について紹介する。

オリンパスメディカルシステムズ株式会社
後町 智子様
鈴木 研様

参加申込する既に登録済の方はこちら

※プログラムは都合により変更になる場合がありますので予めご了承ください。
※一度の登録で、会期中はどのセッションでもご視聴いただけます。

お問い合わせ

株式会社オージス総研 : info@ogis-ri.co.jp

  • 2022/09/16 13:00 - 09/16 17:00 (240分)

申し込み期間

  • 2022/08/02 12:01 - 2022/09/16 17:00
申し込み期間は終了いたしました。
次回の開催までおまちください。

申し込み期間

2022/08/02 12:01 - 2022/09/16 17:00