2022/10/12 13:30 - 2022/10/12 16:30

(会場 非組合員)複数税目-所得税・法人税・相続税・消費税-に関連する事案

概要

短期講座/第2条第5号認定研修<3.0時間>

講師:税理士 上西左大信先生

場所:京都税理士会館3階 京税ホール


税実務において、複数の税目が関連する事案があります。次の事例の課税関係を検討します。

l  法人税実務における時価換算と株式評価への影響の有無

l  売買の当事者(個人・法人)が異なる場合のそれぞれの時価と時価以外での売買があった場合の課税関係

l  「国外転出をする場合の譲渡所得等の特例」における「国外転出時課税制度」と「贈与等時課税制度」の2つの制度とそれぞれの課税関係

l  増資と減資(いずれも自己株式の取得・消却・処分を含む。)の課税関係(相続の場面での取得を含む。)。

l  剰余金の配当(みなし配当を含む。)に係る課税関係(令和4年度税制改正を含む。)。

l  相続税における借地権等の評価と株式評価の関係 等



―申し込みキャンセルについて―


※組合ホームページ講座案内より、ご自身でキャンセル手続きを完了後、

組合事務局までご一報ください。

カード会社の締め日によっては、返金完了までお時間がかかる場合がございます。


※開催日7日前(前週同曜日)からのキャンセルについては、

受講料の返金を致しかねます。あらかじめご了承ください。

開催日程

  • 2022/10/12 13:30 - 10/12 16:30 (180分)

申し込み期間

  • 2022/08/25 13:00 - 2022/10/11 15:00

キャンセル期間

  • 2022/08/25 13:00 - 2022/10/04 23:59

申し込み料(税込)

4,000円

下記フォームに入力して、予約を行ってください。

既に登録済みの方はこちら
利用規約
個人情報
確認