2020/02/20 16:55

Plus Oneオンライン講座 | After Effects入門① グラフィックスをアニメーションさせて印象アップ

-
-

[概要]
自分で作ったグラフィックスを動かしてみたい!モーショングラフィックスにチャレンジするならAdobe After Effects。

IllustratorやPhotoshopで作ったグラフィックスをそのまま読み込み、動きをつけることができます。今回は After Effects の根幹的な操作である「キーフレーム」について学びます。キーフレームの組み合わせ次第で様々な動きを作ることができます。

[対象者]
スキルレベル ★★

[目次]
【0;00;42】 前回のおさらい(写真やグラフィックデザインとの動画の違い)
【0;01;47】 サンプルデータと作業内容の確認
【0;06;54】 After Effectsの起動と新規コンポジションの作成
【0;14;32】 プロジェクトの保存とファイル管理
【0;18;14】 ワークスペースの変更と画面構成の確認
【0;21;19】 素材を読み込みタイムラインに配置する
【0;22;57】 読み込んだ素材について
【0;27;03】 コンポジションパネルとタイムラインパネルについて
【0;30;03】 オブジェクトを動かす(トランスフォーム)
【0;34;58】 オブジェクトを動かす(キーフレーム)
【0;42;36】 キーフレームの種類
【0;52;17】 サンプルデータと同じムービーの作成
【0;54;51】 風景の配置とロック
【0;56;45】 クルマの配置とキーフレーム設定
【1;03;07】 空の配置とキーフレーム設定
【1;08;44】 文字の配置とキーフレーム設定
【1;21;59】 タイミング(キーフレーム)の微調整
【1;24;33】 書き出し(Adobe Media Encoder)

講座で使用するサンプルデータは下記よりダウンロードしてください。
plusone_2020_02.zip(3.3 MB)

※サンプルデータは、個人の練習用としてお使いください。その他の目的での使用や配布などはご遠慮ください。

Copyright © 2020 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.