2020/03/25 17:47

Plus One講座 | After Effects入門② webサイトやビデオに活用できるアニメーション演出法

-
-

[概要]
自分で作ったグラフィックスを動かしてみたい!モーショングラフィックスにチャレンジするならAdobe After Effects。

IllustratorやPhotoshopで作ったグラフィックスをそのまま読み込み、動きをつけることができます。After Effects入門①では After Effects の根幹的な操作である「キーフレーム」について学びました。キーフレームの組み合わせ次第で様々な動きを作ることができます。キーフレームの基本的な使い方に慣れたらさらにもう一工夫!複雑に見える動きも実は簡単な動きの組み合わせでできています。新しい操作にチャレンジしましょう。

[対象者]
スキルレベル ★★★☆☆

[目次]
【0;00;31】 キー操作の画面表示について
【0;02;11】 完成データの確認
【0;03;03】 GIFアニメーションの特徴
【0;07;17】 After Effects プロジェクトを開く
【0;08;59】 前回のおさらい(UFOを動かす)
【0;11;40】 キーフレームのあるプロパティの表示/非表示(U)
【0;13;19】 エイリアンに動きをつける(パペット位置ピンツール)
【0;21;59】 UFOとエイリアンを組み合わせる
【0;24;29】 エイリアンをUFOに乗せる(親とリンク)
【0;31;17】 usagi_walking.ai を読み込む
【0;34;44】 コンポジション設定
【0;37;20】 足の動きを設定する
【0;43;52】 手の動きを設定する
【0;46;50】 足レイヤーを複製してタイミングを調整する
【0;49;28】 手レイヤーを複製してタイミングを調整する
【0;51;30】 ワークエリアの調整
【0;53;41】 耳の動きを設定する
【0;56;49】 体の動きを設定する
【1;04;04】 影の動きを設定する
【1;05;25】 タイミングの微調整
【1;07;06】 ワークエリアの確認
【1;08;33】 レンダリング(Adobe Media Encoder)

講座で使用するサンプルデータは下記よりダウンロードしてください。
plusone_2020_03.zip(5.9 MB)

Copyright © 2020 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.