SDGs先進企業の取り組み


SDGs達成に貢献する設備VE ~CO2排出削減のための省エネルギーVE活動事例~




富士フイルムグループでは、国内外の拠点でSDGs達成のための活動を展開しています。VE全国大会では工場で行った設備VE活動をご紹介します。
製造工程で使用する乾燥風に
冷水を用いていますが、この冷水供給システムに必要な機能を定義し、CO2排出削減のためにシステム全体を見直す設備VE活動を行いました。(再生時間:28分)

富士フイルムエンジニアリング株式会社 エンジニアリング事業部 部長 角本 純 氏

1987年富士フイルム入社。生産技術部門にて新製品設備の導入や工場建設等の設計に携わる。2014年の分社化に伴い、現職。2008年からVE推進部門と協働し、富士フイルムグループ全社へ設備VE活動を展開している。2017年VE活動優秀賞受賞。




環境・コスト意識の啓発によるプリント基板有効使用率の改善 ~SDGs達成への取り組み~




プリント基板は、開発・生産において、エンジニアの才覚により仕様・価格が大きく変動する部品の一つと言える。弊社では、“有効利用率”や“部品占有率”の指標管理を導入し、最適仕様実現を進めており、今回は前者を報告する。
その根底にあるのは“もったいない”意識。各基板に最適な外形寸法を見極め、そのスペースを目一杯活用する、そのような取り組みである。また、この活動によるアウトプットは、SDGsにも直結するものと位置付けられる。製造メーカーとしての利益を拡大しつつ、同時に“持続可能な開発目標の一つ”でもある当活動の概要をお伝えする。(再生時間:27分)

パイオニア株式会社 モビリティプロダクトカンパニー原価企画室 齋藤 真悟 氏

1991年 パイオニア株式会社入社 レーザーディスク(LD)プレーヤーの電気設計に従事
1995年 初代DVDプレーヤーの電気設計に従事
1997年 市販カーナビゲーション用ディスプレイの電気設計に従事
2011年 自動車メーカー向け ライン純正カーナビゲーションの電気設計に従事
2015年 日本バリュー・エンジニアリング協会 VEリーダー取得
2019年 原価企画部門にて原価低減活動を推進



SDGsの達成に建設業は如何にして貢献できるのか ~戸田建設の場合~  


SDGsは持続可能でよりよい世界を目指すための、2030年までに達成すべき国際社会共通の目標で、今やSDGs抜きでは企業経営は語れないとまで言われます。様々な業種においてSDGsに対する取り組みが行われていますが、建設業は如何にしてその達成に貢献できるのでしょうか。その一例として、戸田建設の取り組みを紹介します。(再生時間:29分)

戸田建設株式会社 エンジニアリングソリューション統轄部VE推進部 部長 松嶋 茂 氏 VES

1987年戸田建設入社。電気設備設計・建築設備施工管理・電気設備積算を歴任後、2016年3月建築本部コスト管理センターVE推進室VE推進課(当時)に異動。2016年度より日本VE協会東日本支部社会インフラ部会に参加。2018年にVESを取得。




2050年カーボンニュートラルの実現に向けて(VE的視点から)  


カーボンニュートラルって何のため?昨年度、新エネ大賞を受賞した「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」を中心に、IHIにおけるカーボンニュートラルの取り組みを機能系統図を用いながらお話ししていきます。手段は目的に合っているのか? 水素社会とは? EV車の目的は? 2050年に向けた技術の方向性を考えていきます。(再生時間:28分)

株式会社IHI ソリューション統括本部 技監 有村 利信 氏 VES

1986年、石川島播磨重工業(現・IHI)入社。火力発電ボイラ制御エンジニアとして国内発電所建設に従事。
その後、新エネ事業、調達・原価企画部門を経験。2018年VES取得。
現在:ソリューション統括本部 技監,IHI認定高度専門化
趣味:マラソン



経営戦略として取り組むSDGs/ESG                          


リコーでは、経営/現場が一体となってSDGs/ESG(社会課題解決)による持続的な企業価値向上に取り組んでおります。今までの取り組みの歩みや7つのマテリアリティに基づくESG目標、具体的な活動として環境分野における脱炭素、RE100の取り組みやSDGs/ESGの社員教育等についてご紹介いたします。(再生時間:28分)

株式会社リコー ESG戦略部 兼 プロフェッショナルサービス部環境推進室 室長 新井 繁邦 氏

1986年リコー入社。一貫して販売部門に所属。営業、新規事業立上げ、商品企画・販売促進などに携わる。
2018年より国内販売統括会社リコージャパンにて環境分野の責任者を務め、2020年より現職。