VE活動のサポートツール


シーメンスが考える次世代デジタル原価企画実現へのアプローチ  


本講演では、シーメンスが製造業のお客様へ提供している原価企画ソリューションのご紹介と、弊社自らが推進するコスト&バリューエンジニアリングの取り組みをご紹介します。新製品開発の上流段階でコストを作り込み、将来の収益を確保して競争力を向上する取り組みである「原価企画」を再考するきっかけとなれば幸いです。(再生時間:27分)

シーメンス株式会社 ポートフォリオ開発本部 スペシャリスト 深津 昌俊 氏

国内の大手自動車部品メーカーや自動車メーカーの原価部門で製品原価企画やコストエンジニアリング業務に10年以上従事。現職では、製造業のお客様に対して設計基幹業務システムや原価企画ソリューションの提案・導入を推進。




SDGs思考の梱包資材 ~VEによる梱包仕様のSDGs化改善手法と事例~  


SDGs採択後、企業はいわゆるESGを主軸にビジネスチャンスと捉えた活動が活発化している。多くの企業に共通する梱包資材は、世界的な廃プラ規制やリサイクル化など環境への対応が急務である。本報告では、梱包材や梱包仕様にVEを適用し、SDGs化仕様へ改善する手法や事例ほかを紹介する。(再生時間:27分)

株式会社トヨコン 営業部東京営業所 澤田 真奈美 氏

お客様からの幅広いお問合せやご相談の窓口として日々奮闘中。2020年より、SDGsに取り組むお客様向けにメルマガを使った情報発信やオンラインセミナーを担当。




株式会社トヨコン SDGs推進室 野中 洋 氏 VES

家電や大型IT機器/産業機器/医療機器、物流ほか、50件を超える構想、開発、量産VEプロジェクトの実践指導歴。2017年よりお客様企業と梱包材の環境仕様化に取り組む。ブログ「梱包材SDGs道場」執筆中。



持続可能な製造コスト検証とノウハウ伝承を実現する3D製造原価シミュレーション:アプリオリについて




製造業の必須項目の一つは製造原価の『根拠』の可視化です。aPriori(アプリオリ)は、3Dデータとお客様ノウハウにより進化可能なデジタルファクトリ(製造情報&ロジック)からコストシミュレーションを実行し、その領域は機械部品に留まらず、電気やCO2量予測などの分野にも挑戦し、持続可能なモノづくりを支援しています。(再生時間:24分)


SCSK株式会社 製造エンジニアリング事業本部 PLMソリューション部 大西 智 氏

●SCSK:住友商事グループの強みを生かしたネットワークで、国内外、特に海外の最新ソリューションをご提案し続けています。
●PLMソリューション部: 3Dデジタルモノづくり(3D CAD/CAM/CAE、PDM/PLM、3Dプリンタ、プロセス シミュレーション 等)に関する豊富なソリューションや開発のご提案、また実際にモノづくり企業様での業務経験を活かしたご提案により、お客様のイノベーションをご支援して参ります。