5分で読めます

動画マーケティングは、今では多くの企業で活用されているWebマーケティング施策の一つです。 SNSが普及し始めた中で、動画マーケティング施策の実施を検討する企業も多いのではないでしょうか。 今回は、動画マーケティングの効果や目的、成功させるための戦略やコツについて解説します。「動画マーケティングの効果が知りたい」「成功させるためのコツを押さえたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

動画マーケティングとは?

動画マーケティングは、動画を使ったWebマーケティングの一種で、自社の商品・サービスを広く認知してもらう目的があります。 インターネットやSNSの利用拡大に伴い、動画コンテンツを楽しむ人が増加しました。現在、動画マーケティングは効果的な手法として注目を集めています。 とくにSNSを利用する人は年々増加しており、動画の拡散によって多くの人の目につくことも、動画マーケティングが注目されている理由の一つです。

動画マーケティングの効果はどのくらいの成果がある?

効果事例1.

効果事例2.

効果事例3.

動画マーケティングの目的は?どう使う?

動画マーケティングは「認知度をアップさせる」「商品・サービスの魅力を伝える」「ブランディング」の3つが主な目的として挙げられます。 認知度をアップさせる 動画マーケティングの目的の一つとして、商品やサービスの認知度アップがあります。どんなに魅力のある商品ができたとしても、商品の認知度が低ければ意味がありません。 SNSを使った動画マーケティングであれば「拡散」されやすいという特性もあるため、より多くの人の目に止まりやすくなります。 商品・サービスの魅力を伝える 動画マーケティングの目的の二つ目は、商品やサービスの魅力を伝えることです。 動画はサービスを理解しやすく、短時間で正確に伝わるという特性があります。そのため、商品の魅力を的確に伝えることができ、コンバージョンに繋げることが可能です。 ブランディング 動画マーケティングの目的の三つ目は、自社のブランディングです。ブランディングをすることで自社のブランドイメージの確立・向上が期待できます。 例えば、BGMや編集を工夫したり、イメージキャラクターを登場させるなどの手法を採用することで、自社ならではの雰囲気を印象づけられます。 他にも、キャンペーンの効果を最大化させる、商品やサービスを直接購入させるなど、動画マーケティングはさまざまな目的で用いられています。

動画マーケティングの手法は?

動画マーケティングで成果を上げるためには、目的やターゲットを明確にして継続的な動画戦略を立てることが大切です。 では、具体的にはどのような手法が必要になるのでしょうか。 動画マーケティングを成功させるためには、「HHH(スリーエイチ)戦略」という手法がヒントになります。 HHH戦略は、動画マーケティング施策を実施するにあたって覚えておくべき手法です。

Googleが提唱した「HHH戦略」が基本

Googleは、動画マーケティングにおいてターゲット層のインサイトや興味関心を正しく捉えて、正確なコンテンツを提供することを重要としています。 コンテンツは「Hero」「Hub」「Help」の3つに分けられ、それぞれまとめたものを「HHH(スリーエイチ)戦略」と言います。 Hero動画 Heroは、顧客の悩みに対して解決策になる情報を提供するための動画コンテンツです。 必要に応じて宣伝要素を入れるのもよいですが、あくまで自社のターゲットや顧客にとって役立つコンテンツを作成します。 YouTubeではHero動画が基本コンテンツとなり、検索やおすすめから常に視聴される動画ジャンルになります。 Hub動画 Hub動画は、企業とユーザーを繋ぐ「ハブ」となる動画コンテンツです。 コンテンツマーケティングにおけるコンテンツと同じ役割を果たし、商品やサービスへの愛着を深めることを目的としています。 例えば、商品のシリーズごとの違いやレビューを紹介したり、サービスの背景を発信したりといった動画コンテンツが上げられます。 Help動画 Help動画は、HeroやHubを通じて商品やサービスを利用した顧客の満足度を高めるための動画コンテンツです。 Helpの名の通り、顧客の疑問や困ったことを解決する動画を作成します。例えば、商品の使い方やトラブル時の対処法を解説した動画コンテンツが上げられます。 上記のような動画コンテンツを提供することで、顧客の満足度を高めて、リピーターやファンの獲得に繋がります。

動画マーケティングの活用方法は?3つの種類を紹介

動画マーケティングには具体的にどのような活用方法があるのでしょうか。 ウェビナー/オンラインセミナー 動画広告 動画メディア ここでは、動画マーケティングの活用方法を3つ紹介します。

1.ウェビナー/オンラインセミナー

動画配信を活用してリアルタイム配信でセミナーを実施する方法です。ウェビナーは「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた造語で、オンラインセミナーなどとも呼ばれます。 ウェビナーは、オンライン上で実施される配信ですので、わざわざオフライン会場に足を運ぶ必要がありません。そのため集客力が高く、これまで接触することのなかった顧客と接触できる機会ができます。 また会場費や人件費などのコストもかからず、低コストで開催できることもウェビナーのメリットの一つです。 アンケートや資料請求などによって情報を集められ、リードナーチャリング(見込み顧客の獲得)にも用いることができます。

2.動画広告

SNSや広告バナーで数秒〜数十秒の動画広告を発信する方法です。 テレビのCMに比べて低予算からスタートでき、多くのインプレッション(動画の表示)の獲得を期待できます。 YouTubeでは、動画が始まる前や中間に流れる数秒〜数分の広告があり、それをインストリーム広告と呼びます。 インストリーム広告は数秒間動画を見るとスキップできるものが多く、動画広告は最初の数秒が重要になると言えるでしょう。

3.動画メディア

YouTubeなどのSNSでお役立ち情報を発信したり、商品やサービスを紹介したりする方法です。 近年ではSNSの普及が広がっており、動画メディアを活用する企業も増加しています。動画メディアを発信するときは、前述したHHH戦略が重要になります。 SNSをうまく活用することで、ファンの獲得や満足度の向上にもつながります。

動画マーケティングの効果はどのくらい?動画がもたらす2つの効果

動画マーケティングにはどのような効果があるのでしょうか。 幅広いユーザー層にアプローチできる テキストでは伝えにくい情報を短時間で伝えれる ここでは、動画がもたらす2つの効果について解説します。

1.幅広いユーザー層にアプローチできる

動画はSNSを通じて拡散されやすく、より多くの人に表示されます。また近年ではインターネットやSNSの利用者が増加しており、幅広い年代へと動画を発信できるようになりました。 そのため動画マーケティングは幅広いユーザー層にアプローチできることが魅力と言えるでしょう。

2.テキストでは伝えにくい情報を短時間で伝えられる

動画はテキストでは伝えにくい情報を短時間で正確に伝えることができます。 動画で細かな点を紹介することで、さらに商品やサービスの魅力を深く発信することができるのです。 テキストだけでは分からなかった魅力を知ることで、商品の購入や契約に繋がります。

動画マーケティングを成功させる3つのコツとは?

動画マーケティングを成功させるには、以下の3つのポイントについて知っておきましょう。 1.目的を明確にして刺さる言葉を使う 2.最初の5秒で心を掴む 3.目的にあったプラットフォーム/ツールを活用する ここでは、3つのポイントについて解説します。

1.目的を明確にして刺さる言葉を使う

動画マーケティングは目的を明確にした上で、視聴者に刺さりやすい言葉を使うことが大切です。 ターゲットや目的が不透明なまま闇雲に動画を発信すると「誰に対して何を伝えたいのか」がよく分からない動画になってしまいます。 動画マーケティングを成功させるには、HHH戦略を意識した上でターゲットや目的を明確化しておくといいでしょう。

2.最初の5秒で心を掴む

動画は最初の5秒間でどれだけ視聴者を惹きつけられるかが肝心です。 インターネットやSNSには多くの情報があり、冒頭で「続きを見たい」と思ってもらえなければなりません。 特にYouTubeでは最初の5秒で動画広告をスキップできる機能もあるため、冒頭の5秒間で成功が分かれると言っても過言ではないでしょう。 動画マーケティングでは、最初の5秒で心を掴めるよう工夫しましょう。

3.目的にあったプラットフォーム/ツールを活用する

一口に動画マーケティングと言っても、活用できるプラットフォームはさまざまです。 商品・サービスによっては適したツールが異なります。まずは自社の商品やサービスがどのようなプラットフォームに適しているのかを見極めることが大切です。 まとめ 動画マーケティングは、認知の拡大や魅力の発信、ブランディングなどさまざまな目的で用いられます。 動画マーケティングを成功させるには、HHH戦略を押さえた上で3つのコツについて意識しておきましょう。 (掲載メディアに応じたまとめ文~)

2022/02/10 14:48

動画マーケティングの効果はどれくらい?動画マーケティングを成功させるたのコツを解説!


-