5分で読めます
コンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値のある有益な情報を発信することにより、見込み顧客(リード)の獲得や最終的な利益の向上を目指すマーケティング手法の1つです。 コンテンツには、テキストベースのブログ記事からTwitterやInstagramなどのSNSを使った投稿など、さまざまな種類があります。 しかし、最近では「動画」を取り入れたコンテンツマーケティングが非常に増えています。 そこで今回は、コンテンツマーケティングに動画が活用される理由や事例、動画制作のポイントと注意点を徹底解説します。 企業でマーケティングに関わるマーケターはもちろん、これから動画コンテンツの導入をお考えの経営者も、ぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対して価値のあるコンテンツを提供し、リード獲得やナーチャリングを行うマーケティング手法の1つです。 現在ではコンテンツマーケティングを多くの企業が取り入れており、従来のテキストベースのコンテンツから、動画を活用したコンテンツへと移行が進んでいます。 コンテンツマーケティングには、潜在顧客との接点を作りやすいことや、顧客のニーズを育てられる(ナーチャリング)メリットがあります。また、長期的な観点からの費用対効果が高く、継続したコンテンツマーケティングを行うことで成果の向上が期待できます。 しかし、コンテンツマーケティングは即効性が低く、短期的な観点では費用対効果が低くなります。また、長期間継続しなければ効果が出にくいといったデメリットもあります。 このように、コンテンツマーケティングは基本的に長期間の運用をしなければ効果を期待しにくい特徴があります。しかし、ここで紹介する動画コンテンツを活用することで、飛躍的に効果がでるまでの期間を短縮できる可能性があります。

コンテンツマーケティングの動画活用事例

サービス・商品紹介動画

サービスや商品を動画で紹介することで、まだサービスや商品を認知していないユーザーに対し、サービスや商品に対する認知度だけでなく理解を深めてもらうことができるでしょう。 動画を使うことにより、ユーザーは「自社のサービスや商品でどのような成功体験ができるか」をイメージし、疑似体験できます。またサービスや商品によっては、製品ができるまでの工程やマインドなどを伝えることで、信頼感や安心感を与えることも可能となります。

ブランディング動画

動画コンテンツは、企業のブランディングにも活躍します。それは、動画コンテンツがテキストよりもユーザーに直感的な訴求ができるからです。 見た目や音声などを使い、より多くの情報を一瞬で伝えることができる動画コンテンツは、ブランディングには最適な方法と言えるでしょう。ただし、コンテンツの制作意図を明確に定めておかなければ、思いとは逆のイメージが定着する可能性があります。そこで、動画の制作前にしっかりとコンセプトを設計しておきましょう。

ハウツー(How To)動画

How To動画とは、商品やサービスの使い方を具体的に紹介する動画のことで、新しい商品やサービスを紹介するのに適したマーケティングの手法です。 テキストでHow Toを伝える方法と比較すると、動画では圧倒的にわかりやすく伝えることができます。現在では動画配信による取扱説明書も増えており、既存顧客だけでなく、見込み顧客の獲得にも効果的な手法と言えるでしょう。

インタビュー動画

それぞれの企業が配信する商品やサービスなどの情報は、どうしても販売者の目線で制作・配信される情報となります。そこで、実際に商品を利用しているユーザー導入事例や感想などを動画で紹介し、製品の信頼性を高める手法です。 この手法は、BtoⅭマーケティングではすでに多くの企業が導入しています。ただBtoBマーケティングでは、なかなか他社の導入事例を紹介できないケースが多いため、導入が少ないのが現実です。しかし、導入事例の公開に問題のない製品を提供する場合は、BtoBでもぜひ活用したいおすすめの手法です。

近年注目のウェビナーツール

ウェビナーツールとは、オンライン上で動画と音声を配信してセミナーを実施するシステムで、Web(ウェブ)とSeminar(セミナー)からできた造語です。 最近では、これまでオフラインで行われていたセミナーや展示会などが、オンラインでの開催へと移行しています。ウェビナーツールを使ってセミナーなどを開催することにより、主催者と顧客の距離や時間的な乖離が解消できるだけでなく、コストも大幅に削減できます。 ウェビナーには、リアルタイム配信と録画配信の2つの方法で配信が可能です。 リアルタイム配信では、参加者と直接コミュニケーションをとりながら進行していくことが可能です。また、録画配信では顧客が好きな時間に視聴できるメリットがあります。 このウェビナーツールは、先述した4つの動画スタイルに加え、5つめの新しい動画コンテンツとして急速に需要が高まっています。

動画コンテンツでマーケティングを成功させる方法

ここでは、動画を使ったコンテンツマーケティングを成功させるためのポイントを注意点とともに3つご紹介します。

テーマを絞って動画を制作する

動画コンテンツは、テキストなどのコンテンツに比べて非常に情報量が多いのが特徴です。そのため、情報を詰め込みすぎてコンテンツの作成に失敗するケースが散見されます。 そこで「1動画・1テーマ」に絞って動画を制作することが重要となります。明確にペルソナ設定を行い、動画の内容を絞り込んだターゲットに向けることで、効果的なマーケティング動画が制作できるでしょう。

バズを狙わない

BtoⅭマーケティング動画などで最近目立つ「バズ(拡散)」ですが、コンテンツマーケティングでは、あまりおすすめできる手法ではありません。 コンテンツマーケティングの目的は、あくまでユーザーの悩みを分かりやすく解決に導くことにあります。そこで最初からバズ狙いの動画を作ってしまうことで、再生回数が稼げても、実際に伝えたい内容が伝わらないリスクが生まれます。 コンテンツマーケティングにおける動画の活用では、ターゲットに対して具体的なメリットを訴求することが重要です。バズる動画にはどうしてもリスクが伴うため、失敗すると既存顧客が離れる可能性があり、おすすめできません。

作成本数を決めて予算を確保してから作成する

動画コンテンツの制作には、ある程度の予算が必要となります。 これまでコンテンツマーケティングを実施している企業では、比較的導入しやすい環境にあるかも知れません。しかし初めて導入する企業では、まずは事前に作成する動画の本数を決め、予算を確保しましょう。 そして、紹介したい商品やサービス、動画の長さや本数、動画を配信するプラットフォームなどを検討しながら予算の調整をしていくことが重要です。

動画によるコンテンツマーケティングのまとめ

このように、マーケティングに動画コンテンツを活用することは、見込み顧客の獲得から育成などの営業活動において非常に有効な手段となります。 しかも動画の活用方法によっては、売上や成約率の向上だけでなく、セミナーや展示会などの経費削減にも繋がるため、最終的な利益の向上にも大きく役立つでしょう。 そこでこの記事を参考に、見込み顧客のターゲティングや制作・配信方法、注意点などに留意し、効果的な動画広告を制作・配信してください。 ネクプロでは、ライブ配信や擬似ライブ配信、オンデマンド配信など多彩な配信方法と、顧客管理・集客・アンケート・分析改善までを1つのツールで実現できます。 ネクプロは、継続的に顧客とコミュニケーションを取り、集客の最大化・LTVの最大化を実現できるウェビナーマーケティングプラットフォームです。 動画マーケティングには、ウェビナー&動画マーケティングが可能な『ネクプロ』がおすすめです。
2022/02/17 02:40

コンテンツマーケティングで動画はどう活用すべき?活用事例と動画マーケティングの手法を解説


-