5分で読めます
現在はインターネットの普及によって、企業ではさまざまなコンテンツマーケティングの手法が取り入れられています。 その中でも、今や主流となりつつあるのが動画コンテンツです。 動画コンテンツはテキストや画像をベースとしたブログなどに比べ、視覚と聴覚に訴えることができるため、膨大な情報を瞬時に伝えることができるメリットがあります。 ただし動画コンテンツは、視聴者が気に入らないとすぐに離脱されやすい特徴があります。 そこで今回は、動画コンテンツでリード獲得数を増やすコツや、その仕組みを詳しく解説します。 企業でマーケティングに携わる営業担当者やマーケターの方は、ぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティングの目的とは

コンテンツマーケティングとは、不特定多数の人に対して有益な情報(コンテンツ)を提供し、コミュニケーションを取りながら見込み顧客を集客するマーケティング手法の1つです。 コンテンツマーケティングの特徴は、見込み顧客の獲得に広告を用いないことです。コンテンツマーケティングでは、あくまでも価値のある情報を無償で提供し、強い見込み顧客を育成していきます。 そして自社、もしくは自社の商品やサービスのファンとなった見込み顧客に対し、最終的に購入や契約を促し、優良な顧客へと誘導するのが目的です。

コンテンツマーケティングに動画がおすすめな理由

コンテンツマーケティングを実施する中で、独自にコンテンツを作成し、配信する場合は「動画」がおすすめです。 なぜなら、動画はテキストやイラストなどと比較し、マーケティングの知識がなくとも営業を自動化しやすい特徴があるからです。 ユーザーに視覚と聴覚で訴求できる魅力的な動画を制作し配信することで、自然とマーケティングツールとしての役割を果たしてくれるでしょう。

コンテンツマーケティング動画の活用事例

コンテンツマーケティングで動画を活用するには、さまざまな手法があります。その中でも特に効果的とされる事例を紹介します。

商品やサービスの紹介動画

自社の商品やサービスを動画で紹介することで、まだサービスや商品を認知していないユーザーに対し、認知度だけでなく理解を深めてもらうことができるでしょう。 動画を使うことにより、ユーザーは「自社のサービスや商品でどのような成功体験ができるか」を具体的にイメージし、疑似体験できます。またサービスや商品によっては、製品ができるまでの工程やマインドを伝えることができ、信頼や安心を与えてファンを獲得することも可能です。

ブランディング動画

動画コンテンツは、企業のブランディングにも役立ちます。それは、動画コンテンツがテキストや画像を用いたテキストコンテンツよりも、ユーザーに直感的な訴求ができるからです。 映像や音声を使い、より多くの情報を一瞬で伝えることができる動画コンテンツは、ブランディングには最適な方法です。ただし、コンテンツの制作意図を明確に定めておかなければ、思いとは逆のイメージが定着する可能性があります。そこで、動画の制作前にしっかりとコンセプトを設計しておきましょう。

How To動画

How To動画とは、商品やサービスの使い方を具体的に紹介する動画のことで、新しい商品やサービスを紹介するのに適したマーケティングの手法です。 テキストでHow Toを伝える方法と比較すると、動画コンテンツでは圧倒的にわかりやすく伝えることができます。現在では動画配信による取扱説明書も増えており、既存顧客だけでなく、見込み顧客の獲得にも効果的な手法と言えるでしょう。

インタビュー動画

それぞれの企業が配信する商品やサービスなどの情報は、どうしても提供する企業目線で制作・配信される情報となります。そこで、実際に商品を利用しているユーザーの導入事例や感想などを動画で撮影・紹介し、製品への信頼性を高める手法です。 この手法は、BtoⅭマーケティングでは以前から導入されていました。ただしBtoBマーケティングにおいては、他社の導入事例を紹介しにくいケースが多く、導入事例が多くありません。しかし、導入事例の公開に問題のない製品を提供する場合は、BtoBでもぜひ活用したいおすすめの手法です。

ウェビナーは近年注目の動画マーケティングツール

ウェビナーとは、オンライン上で動画と音声を配信してセミナーを実施できるシステムです。 最近では、これまでオフラインで行われていたセミナーや展示会などが、オンラインでの開催へと移行しています。ウェビナーツールを使ってセミナーなどを開催することで、主催者と顧客の距離や時間的な乖離が解消でき、コストも大幅に削減できます。 ウェビナーには、リアルタイム配信と録画配信の2つの方法での配信が可能です。リアルタイム配信では、参加者と直接コミュニケーションをとりながら進行していくことが可能です。また、録画配信では顧客が好きな時間に視聴できるメリットがあります。 ウェビナーは、先述した4つの動画スタイルに加え、5つめの新しい動画コンテンツとして急速に需要が高まっています。

動画によるコンテンツマーケティングを成功へ導く3つの重要ポイント

それではここで、動画によるコンテンツマーケティングを成功へ導く、重要な3つのポイントを紹介します。

価値のある情報を提供する

動画のコンテンツマーケティングで提供する情報は、基本的にユーザーに価値のある情報でなければなりません。ユーザーにとって価値のある情報とは、ユーザーの悩みや課題を解決できる情報です。そこで、誤解を招くような、分かりにくい内容のコンテンツを配信しないように注意しましょう。

専門情報に特化した情報を提供する

動画のコンテンツマーケティングでは、専門的な情報に特化することが重要です。自社の取り扱う商品やサービスに関連した情報を配信し、最終的に自社の売り上げに繋がる動画コンテンツを作成し、定期的に提供しましょう。

ユーザーに価値のある内容を網羅した情報を提供する

動画によるコンテンツマーケティングで配信する情報は、ユーザーの悩みや課題を解説する方法や、ユーザーにどのような行動を取って欲しいかを明確に伝えることが大切です。 提供する動画コンテンツを見たユーザーが、動画を見る前と後でどのような変化が起きるかを考え、ユーザーの求める価値のある内容を網羅するコンテンツを配信しましょう。  

コンテンツマーケティングに効果的な動画制作のコツと運用手順を紹介!

では次に、コンテンツマーケティングに効果的な動画制作のコツや運用手順を紹介します。

1.ターゲット/ペルソナを明確にする

コンテンツマーケティングを実施する際には、まず見込み顧客に対するターゲティングが必須となります。コンテンツマーケティングにおけるターゲティングでは、できるだけ具体的なユーザーを創造しペルソナ設定することが重要です。そして、ターゲットが求める動画コンテンツを制作・配信しましょう。

2.カスタマージャーニーマップを作成する

カスタマージャーニーマップとはユーザーが自社の商品やサービスと出会い、関り、購入するに至るまでのプロセスを可視化したものです。このカスタマージャーニーマップを作ることで、どのタイミングでどのようなコンテンツをユーザーに向けて配信すべきかが見えてきます。

3.コンテンツマップを作成する

コンテンツマップとは、サイト内でどの部分にどのような動画コンテンツを配信するかを可視化したものを言います。Webサイトなどを作成する上で、どの動画コンテンツをどこに配置するかは、ユーザーに勧めたいコンテンツへ導くためにも重要なプロセスです。

4.各動画コンテンツの効果を測定する

動画コンテンツを配信した後は、必ず効果を測定することが重要です。最終的なコンバージョンはもちろんですが、中間目標となるKPIを設定するなどして、できるだけ各コンテンツを詳細に測定しましょう。

4.効果から改善を図る

それぞれの動画コンテンツの効果を測定したら、その測定値をもってサイトや各コンテンツを分析し、どの動画が多く見られ、コンバージョンに結びついているか等を調査します。 そして分析調査の結果を参考にしながら、サイトやコンテンツの改善を図りましょう。

動画を活用したコンテンツマーケティングのまとめ

このように、動画によるコンテンツマーケティングを成功させるためには、複数のチェックすべきポイントを理解し、効果測定を実行することが重要です。 しかし、動画コンテンツマーケティングも他のコンテンツマーケティングと同様に、長い時間をかけて見込み顧客を育てる手法です。一般的には動画コンテンツによる認知は早いものの、できるだけ早く長く続けることが重要となります。 この記事を参考に、これから動画コンテンツを自社のマーケティングで導入しようとお考えの方は、すぐにターゲットのペルソナ設定から順にスタートしましょう。
2022/02/24 13:23

【コツ3選】動画でリードを増やすコンテンツマーケティングの仕組みを解説!


-