5分で読めます
働き方改革やコロナ禍によりテレワークが増える中、近年は社内研修をオンラインで実施する企業が増えています。 このようなオンラインで行う社内研修を、一般的に「オンライン研修」と呼びますが、いったいどのような効果があるのでしょうか? この記事では、オンライン研修の種類や特徴について、主に企業にメリットとなるポイントを徹底解説します。 企業で新入社員研修や業務研修などを担当する方は、ぜひ参考にしてください。

オンライン研修とは

オンライン研修とは、これまで社内や社外リアルに行っていた研修を、オンラインを通じてスマホやPCでどの場所からでも参加できる研修の手法です。 近年の働き方の多様化やコロナ禍で、オンライン研修を実施する企業や団体が増えています。

オンライン研修はライブとオンデマンドの2種類がある

ひとことでオンライン研修と言っても、その手法は主に2種類に分けられます。それは、リアルタイムにライブ配信する研修と、オンデマンド(録画した動画)配信による2種類の研修です。 この2種類の配信方法を理解することで、より効率的に研修を行い、さらにコストやスタッフの労務時間を削減することができます。

リアルタイムな「ライブ研修」のメリット

ライブ形式でおこなうオンライン研修では、受講するスタッフがどこにいても参加可能です。そのため、スタッフが参加する時間は統一しなければならない一方で、質問や知識、技術の共有といった、双方向のコミュニケーションが可能となります。

録画によるオンデマンド型の「オンライン研修」のメリット

オンデマンド形式のオンライン研修では、講師が1回研修の録画に参加するだけで、半永久的にその動画を配信できます。しかもスタッフが見たい時に何度も繰り返し動画をチェックできるメリットがあるため、how-to研修などで大きな効果を発揮するでしょう。 そのため、一般的な研修だけでなく、事前学習や研修後の復習、業務の課題解消にも活用可能です。

オンライン研修のメリットを詳しく解説

研修には、企業によってさまざまな種類があるため、オンライン研修を実施する際には、その特徴を最大限に活用することが重要です。そこで、各研修のメリットや特徴を把握しておきましょう。

オンライン研修のメリット

オンライン研修のメリットには、主に以下のようなメリットがあります。 時間や場所を問わない 研修の質を均一化できる 研修効果の進捗状況を把握・管理できる この3つにより、これまで漠然と義務的に行われていた社内研修を、より効果の高いものに出来るでしょう。そこで、それぞれについて解説します。

時間や場所を問わない

オンラインで研修を実施することにより、スタッフがいつどこにいても参加できるため、効率良く研修を実施できます。特にオンデマンド配信できる研修であれば、自由な時間に参加できるため、優先すべき仕事があるスタッフや体調が悪い、または育児などで当日参加できなくなったスタッフでも、後から通常と同じ研修を受けることが可能となります。 これにより、どのタイミングで研修に参加できる余裕が生まれ、コストだけでなく、業務の効率も上がるでしょう。何よりもスタッフのモチベーションアップに貢献します。

研修の質を均一化できる

オンラインで行う研修では、録画機能やオンデマンド機能により同じ研修を何度も繰り返し視聴できたり、聞き逃しを無くすことができます。また、年度や講師の違いによる研修の質の低下を防ぐことにも役立つため、結果として研修の質を均一化し、向上させることに役立ちます。

研修効果の進捗状況を把握・管理できる

オンラインで研修を行うことで、スタッフの学習や進捗状況をデータ化し、具体的に管理することが可能です。受講状況をデータで管理し、オンラインでレポートを提出も可能です。 そのため、これまでスタッフの研修の度に受講をアナログ管理していたスタッフの労働を大幅に削減し、その分を実務にまわすことができるでしょう。 このようにオンライン研修は、企業の経営者だけでなく、現場スタッフにもメリットの多い変革となるのです。

ウェビナーによる効果的な研修方法とは?

このようなオンライン研修を、最も効果的に行うことができるツールが「ウェビナーツール」です。ウェビナーとは、もともとオンラインで行うセミナーからできた造語ですが、オンラインセミナーや展示会だけではなく、社内研修でも大きな役割を果たします。 ウェビナーにはさまざまな種類がありますが、特におすすめしたいのが「ネクプロ」が提供するウェビナーツールで、録画した動画(疑似ライブ)を使って研修を配信することで、研修の失敗リスクを軽減し、研修を効率化によって参加者の学習効果を最⼤化することができます。 ライブ配信では、参加者からの質問にすぐに回答できるメリットはありますが、思わぬ質問が出るリスクもあります。しかし、収録した動画を配信する疑似ライブにすることで、質問への回答で失敗するリスクを抑えることができます。また、ウェビナーの効率化もできます。録画配信は、⼿間をかけずに再利⽤できるため、研修の開催数を簡単に増やすことができるからです。複数⽇程で研修を実施することで、参加者数の学習効率の最⼤化を⾒込めます。また、ネクプロのウェビナーツールでは、チャットによるリアルタイムの回答もできます。チャットでリアルタイムに受付することで、研修を進めながら、別の担当者が質問に回答し、より価値の高い研修を実施することができます。 ネクプロでは、特にセキュリティー対策も万全なため、多くの企業のウェビナーや研修で取り入れられています。ネクプロでは、研修のアンケートやレポート提出だけでなく、動画のアーカイブやチャット機能など、さまざまな機能が付加されています。そこで、研修以外にもリードナーチャリングや展示会など、営業のシーンでも大活躍するでしょう。 このように、ただ社内研修をするためのツールではなく、あくまでも営業ツールとして導入し、その活用プロセスに社内研修を取り入れるイメージが合うかもしれません。

社内研修オンライン化のまとめ

このように、オンライン研修は時間や場所を問わずに学習できるだけでなく、研修の質を均一に保ちながら、学習状況を管理することもできるマルチなツールです。しかも、研修の会場や社員、スタッフの交通費、スケジュール管理もしやすいため、日々の業務に影響することなくいつでも研修を開催できます。一般的に、企業が大きくなればなるほど、研修を行うのは大変なコストと労力、そして時間の犠牲を払っていたのが現実です。しかし、オンライン研修を導入することで、一気にそのようなリスクを排除し、いつでも前向きな研修が実施できます。そこで、ネクプロのウェビナーツールを導入し、現場スタッフからも喜ばれる研修を作り上げることをぜひおすすめします。効率良く効果的な社内研修を、自社の文化として定着させることにより、社内のスタッフで意識を共有し、アイデンティティの構築にも役立ちます。特に日本の長い企業文化のある会社では、社内研修をさまざまな文化的成長に役立てています。
2022/02/25 14:32

社内研修をオンライン化するメリットは?コストや時間進捗を徹底管理する方法を解説


-