ウェビナー登録からセミナー当日開始までに実行すべきこと

WEBINARAより 3分で読めます


ウェビナーは効果的なマーケティングプロセスの一部ですが、マーケティングプロセスの代替にとどまりません。
ウェビナーにおいてもマーケティングプロセスに注力するべきですが、ウェビナー参加登録から当日までの期間も含むべきです。

このシリーズの投稿を初めて読む方はPART1 効果的なウェビナー タイトルの付け方、あるいは、PART2 スムーズな登録プロセスの運営方法についてもご興味があればご覧ください。

ウェビナーのタイトルが効果的であった結果、多くの閲覧者を惹きつけることに成功しました。
また、最新のランディング ページと簡潔な登録フォームを使用することにより、閲覧者をウェビナー参加への誘導も成功しました。
その後、閲覧者が参加登録の「送信」ボタンを押したら、ウェビナーを予定通り開催するのみで良いというわけではありません。


マーケティングプロセスを正しく実行するには

ウェビナーは効果的なマーケティングプロセスの一部ではありますが、マーケティングプロセスの代替にとどまりません。
ウェビナーなどの取組みを通じて、望み通り参加者とのつながりを構築するために注力する理由は、このつながりを活用して参加者のニーズを満たし、ビジネスを成長させるためです。

LIFELEARNというラーニングサイトでは、

参加者からの質問は、会社にとって有益なものとなる場合があります。「問い合わせ」を設けることで、参加者が何に一番興味があり、どこに問題点が潜んでいるかについて明らかになります。

と述べています。

WEB閲覧者に問い合わせを可能にすることで、今後の見通しや顧客情報に関して情報源となる可能性があります。このように、登録から当日開始までの期間を含め、ウェビナーマーケティングのプロセスに注力(投資)すべきなのです。

この期間に発信すべき最も重要なメッセージはイベント管理を専門的に処理できるという点です。
参加者のスケジュールにウェビナーの日程を簡単に追加する方法、参加予定者が参加できない場合、あるいは、開催者側でスケジュール変更が必要な場合など、このような質問や要望への対応方法を策定しておくことで、参加予定者が最終的にウェビナーに参加できない場合でも、良い印象を与えます。

ウェビナー開始前の期間は参加状況を管理するだけではありません。
イベントで質疑応答の時間を設ける予定があるなら、ウェビナーに先駆けて質問を集める場合もあるでしょう。講演者は予め準備するだけではなく、参加者に合わせてウェビナーの内容を用意できます。
さらに、ライブイベントで「きっかけとなる」質問を取り上げる必要があるのか、あるいはすぐに参加者の懸念点について話を始めることができるのかを判別できるでしょう。

本シリーズのPART2 スムーズな登録プロセスの運営方法では、登録フォームの入力項目は最低限にするようお勧めしました。
セミナー開催までの期間に、参加予定者に連絡する時はいつでも、その他の情報について聞く機会があります。例えば参加予定者にメールを送り、質問を集めることで、会社名や役職名を登録内容に追記する機会を得ることもできます。

カレンダーにイベントを簡単に追加できるようにしていても、イベントの開始時期が近づいてきたらリマインダー送信をしようと考えるでしょう。
一般的にはウェビナーが開始する24時間前および1時間前にリマインドします。
リマインダーを送信する頻度や間隔は、ウェビナー登録受付の開始日と開催日までの期間がどれくらいかで検討します。リマインダーは便利ですが、メール送信が相手の許容範囲を超えて迷惑にならないようにバランスをとることが重要です。

ウェビナー参加者がイベントでWIIFM(参加するメリット)ーさらに重要なのはあなたと関係を構築するメリットーを実感してもらうには、どの段階においても、バリュープロポジション(お客様にとって価値があると感じるもの)が明確で説得力のあるものにする準備が必要となります。



ネクプロ・ウェビナーマーケティング

ネクプロは、ウェビナーを1キャンペーンとし、その中で申し込みフォームは最低限の設問、リマインダー送信は適切な時間に自動的に送信するように初期値として設定してあります。ユーザーの情報取得に必要なアンケートは柔軟なカスタマイズが可能となっております。
マーケティングで集めた情報は、様々な角度から分析できたりと全てがワンストップで完結できる業界初のウェビナーツールです!

1ヶ月無料のデモアカウント発行、トライアル配信もお気軽にお問い合わせください!

資料請求・お問い合わせ