Display target::
会場開催のセミナーマーケティングを既に実施されている企業で、これからウェビナーを検討されるご担当者の方も多いと思われます。今回ネクプロが会場開催のセミナーとオンライン開催のウェビナーを徹底比較します。(随時更新)
  • 68
ウェビナーは会場参加型セミナーよりも受動的になりがちです。見ている時間は長いけれど、効果は薄かったなどということにならないように、コンテンツは常に改善していく必要があります。本日は、より視聴者の記憶に残る「伝わる」ウェビナーを作るためのポイントを3つご紹介します。
  • 64
ウェビナーは効果的なマーケティングプロセスの一部ですが、マーケティングプロセスの代替にとどまりません。ウェビナーにおいてもマーケティングプロセスに注力するべきですが、ウェビナー参加登録から当日までの期間も含むべきです。
  • 55
「ウェビナー申し込みプロセスの最適化」ウェビナーの登録ページは「イベントに登録してもらう」はもちろんのこと「顧客が時間をかけて登録する理由を明白にする」これらを満たせれば他に余計な情報は不要です。
  • 42
ウェビナータイトルは、スマートで要点をついたタイトルにする必要があります。最近ではアテンションスパン※1 を意識した短いタイトルが効果的です。また、検索エンジンがウェビナーページをインデックスする際、検索結果に改善をもらし、さらにソーシャルメディアにシェアするプロセスも容易になります。
  • 122
ウェビナーは効果がありますが、参加者のコンバージョンをどう高めていくか、悩みを抱えているマーケティング担当者は多いかもしれません。成功の秘訣は、ウェビナーの計画を入念に行うことです。有益な洗練された、プロフェッショナルなウェビナーを開催し、潜在顧客の期待に応えましょう。
  • 101
ウェビナーを開催する場合、講演の日程を事前に全て決定しますが、順調に準備を進めていても、想定外な事態や問題が発生し、ウェビナーが開催できない場合があります。このように急に発生する事態を避けるためには、疑似ライブによるウェビナーイベントの開催が最善の方法です。
  • 97