Apply now
LIVE
<GIGAスクールデバイス活用>SDGs クリエイティブ アイデア コンテスト2021 オンラインセミナーシリーズ第2回子どもたちと学び深めるSDGs朝日新聞SDGs ACTION!とアドビが共同開催する「SDGsクリエイティブアイデアコンテスト2021」の作品づくりのヒントとして、9月まで毎月※開催します。 ※8月を除く→コンテストについて詳しくはこちら【ぜひご参加いただきたい対象】児童・生徒とコンテスト参加を検討・予定されている小中高校の先生GIGAスクール端末をうまく活用したいとお考えの先生SDGsを探究のテーマとして扱いたいとお考えの先生SDGsについて総合学習などで取り組んできて、どのようにアウトプットしようかご検討中の先生 など----------------------------------------------------------------------------------------------< 解き方の載っていない“17の答え”にどう取り組む?>----------------------------------------------------------------------------------------------包括的なテーマを扱っており、あらゆる教科で取り上げられる機会も増えたSDGs(持続可能な開発目標)。子どもたちとともに学び深めていくうえで知っておきたい、SDGsの最新動向や私たちが取り組む意義とは?SDGs研究の第一人者であり、本コンテストの審査員を務められる蟹江教授・石井教授に、SDGsへの取り組みに必要な視点や作品づくりのヒントなどをお聞きします。セミナー後半では、児童の1人1台端末としてChromebookを2020年3月より順次導入し、SDGs学習をはじめ、様々な学習のアウトプットにAdobe Spark(アドビ スパーク)を活用されている印西市原山小学校の事例をご紹介します。【プログラム(予定)】SDGsクリエイティブアイデアコンテスト2021概要ご案内「子どもたちと学び深めるSDGs」蟹江憲史氏 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授石井雅章氏 神田外語大学グローバル・リベラルアーツ学部 教授 兼 学長補佐Adobe Spark 活用事例のご紹介松本博幸氏 千葉県印西市立原山小学校 校長【SDGsクリエイティブアイデアコンテスト2021 とは】小・中・高校を対象に「SDGs達成に向けた解決アイデア」について、GIGAスクールデバイス × 教育機関向け無料Adobe Sparkで制作された「動画を含むWebページ」作品を募集するコンテストです。→コンテストについて詳しくはこちら*セミナーの内容は予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
  • 60
「きちんと伝わるプレゼンテーションをつくりたい」「プレゼンの作成に、やたらと時間がかかっている」「目を引くプレゼンをつくりたい」そんな学生を対象に、プレゼンテーションのスライド作成におけるデザインの基礎をご紹介します。ポスターなどの制作物にも応用できる基礎的な内容ですので、これからアドビアプリケーションを使う方にもおすすめです。[対象アドビアプリケーション]Adobe XD、Adobe Illustrator、Adobe Fonts、Adobe Stockなど[スキルレベル]★☆☆(初級レベル)[参考リンク]Adobe XDことはじめAdobe IllustratorことはじめAdobe Photoshopことはじめこのセミナーではデザインの原理や考え方が主題となります。アドビのアプリケーションの操作方法はこちらをご参照ください。[講師]鈴木啓介氏印刷会社のグラフィックデザイナーとしてキャリアスタートし、様々な業界の広告制作に関わった後に独立。現在は自然溢れる南信州を拠点に、業界15年の経験を活かしデザイン事務所を経営。県内外のクリエイターと共にクリエイティブディレクション、WEBデザイン、モーショングラフィックを中心に活動中。また、国と県の専門家として登録を受け、企業のブランディング、マーケティングやアプリケーションの活用についての支援を行う。
  • 822
2020/11/30 09:34 -
Adobe Educator Day Online 2020
  • 174
こちらはアーカイブ動画です。「文書を探すのに時間がかかる」「PDFを修正したい」「紙に印刷されたテキストを、PCで手入力している」など文書に関する校務や教務にお困りではありませんか。このセミナーでは、 「意外と知らないPDFで今すぐできる文書管理やデジタル文書の活用方法」をご紹介します。新学期が始まる前の資料整理にもぜひお役立てください。本セミナーの内容は2020年6月30日 PDF活用による文書校務・教務効率化のススメセミナーと一部ご紹介する機能や内容が重複しています。振り返りにもぜひご活用ください。
  • 120